カテゴリ:雑談( 57 )

2007年 03月 05日
FREAKY。
毎月第一土曜日に "新宿オト" でくりひろげられているイベントFREAKY。

今回は、そのレギュラーDJでありながら近々京都に帰ってしまう、我らが "小野くん" の卒業パーティーとなりました。
さびしさをパーティーで吹き飛ばすためたくさんの人が集まり、大盛況の内に幕を閉じました。

左から、若いながらキラーな体験談の多い "ラオウ氏 from ボノボ"、それに負けない "HALFBY"、そして筆者。
f0125837_245198.gif


みんながDJでもりあげた後、大トリは "小野くん" の卒業ライブ。モチ、アカペラ。
それにゼツいサポートで応える "松野くん"。
f0125837_294925.gif


"小野くん" の歌い上げる "安全地帯" に大きな声援を送る "バリカク社長"。
あいかわらず見切れてるのは "タカ"。
f0125837_2121135.gif


素敵なパーティーに盛り上がる "マサヤ" と "タカヒロック"。
最高な "小野くん卒業パーティー"となりました。
f0125837_2155335.gif


しかし、この笑顔もつかの間、"マサヤ" に予想外の事態がおとずれる事に。
が、そこもなんとか笑顔でのりきった "彼" に最大限の "BIG UP!" を贈りながらPEACE OUT。






「そんな時はコレでしょ。」
f0125837_229846.gif


by mu-stars | 2007-03-05 02:36 | 雑談
2007年 03月 03日
MTV。
今日、マイメン "HALFBY" こと高橋くんが司会を務める "MTVアパートメント" (www.mtvjapan.com/tv/program/rg_apt.html)という番組の最終回という事で、カクバリズムチームから "JxJx氏"と"角張渉氏"と筆者でゲスト出演させてもらいに、六本木のMTVのスタジオに行ってきました.
f0125837_3414340.gif


番組的に、「大丈夫か?」と思うぐらいユルいムード(イイ意味で)をかもしだし、リラックスしすぎているみんなの雑談(モチ、イイ意味で)がくりひろげられているので、モノ好きの方は是非!!

左から、靴を脱ぐスタジオで「えっ、オレも出演すんの!?」と言いながら、すでに靴を脱いでいた "バリカク社長"、筆者、ゲストなのに最後はなぜかまとめに入っていた、根っからの司会者体質の "JxJx氏"、本日の主役 "HALFBY"、「気になるヘンなものコーナー」で見せた "救出された猫カレンダー" がキラーだった "森野くん"、近々京都に帰ってしまう最近話題の "小野くん" のハナシが止めどなく溢れていた "松野くん"。
f0125837_3422852.gif


ホントに楽しい番組でした。
このメンバーで是非、どっかで再演を!!

そのあと "JxJx氏" はスタジオへ。
バリさんと筆者は、スタッフのマサヤとドウケさんを呼んでメシへ。
f0125837_402023.gif


そんなこんなの素敵な番組と、壊れたからと早急にビックカメラへ "ドライヤー" を買いに行かなければいけないほど、朝の "ブロー" が大事な "マサヤ" に "BIG UP!" を贈りながらPEACE OUT。






「救出ぅ〜!?」
f0125837_18165795.gif


by mu-stars | 2007-03-03 04:09 | 雑談
2007年 03月 02日
ペンギン村、移転!
下北沢をペンギン村に変えた男、則巻センベエ博士こと、我らが小野真くんの勤務先が 「JET SET RECORDS 京都本店」 に戻る(もともと京都!)という事で、「JET SET RECORDS 下北沢店」 へラスト勤務の "小野くんモウデ" に 行ってきました。

「家の整理、まったくしてないねん!」とは本人の弁。
f0125837_1495385.gif

そんななか、イロイロ新譜を紹介してもらいました。
なんだか、グッときました。


ちょうど店の地下のライブハウスでは「サイプレス上野とロベルト吉野」がライブ中でした。

写真はライブ後のトークショー。
左から "ロベルト吉野"、"サイプレス上野"、思いのほか司会者体質の "やけのはら"、見切れてるのは "ホリくん"。
f0125837_1574942.gif



そんなこんなで、下北沢でセンベエ博士こと小野くんに会えなくなるのはさびしいですが、京都が "ペンギン村"になることをいのって、「東京来て、一回も東京らしいトコ行ってないわ〜」というハカセの東京の思い出に "BIG UP!" を贈りながら PEACE OUT。




"センベエ博士" と "小野くん" ばりにそっくりな、"雪之志太" と "ニャンマゲ" にBIG SHOUT。
f0125837_2105369.gif


by mu-stars | 2007-03-02 02:35 | 雑談
2007年 02月 28日
bouNIT vol.5 終了〜。
さる2月25日、代官山UNITで行われた 『bouNIT vol.5』 が大盛況のウチに幕を閉じました。

来てくれた皆さんに、ナフリスペクト。
スタッフの皆さんに、ナフリスペクト。
共演者の皆さんに、ナフリスペクト。

左から筆者、イルリメ氏、アフラ氏。
幻の疑似ラジオ番組 "裏・日本の魂!" を再現中。
テーマは "猫"!
f0125837_1564761.jpg


その "裏・日本の魂!" 再現中の真横でホントの "日本の魂!" 生オンエア中。
控え室から出るには、パーソナリティーとお客さんのあいだを通らなきゃいけなかったため、出番の近かった筆者は気まずいながらも、モロ前を横切りつつDJブースへ出陣する。

約一時間のプレイは大盛り上がりで終了。
最近ヘビープレイのJITTERIN'JINN "プレゼント" から、イルさんを助っ人にまじえての "元気でやってるのかい?"で最高潮。
このゼツいつながりで、SALOONをROCK。

来てくれた皆さんに、ナフリスペクト。
スーパー助っ人イルさんに、ナフリスペクト。
選曲で気にいらない曲がかかると首をかしげるバリさんに、BIG SHOUT。

そして、YSIG兄貴達のライブ。
鬼盛り上がり!!!

アンコールで "FUNKY SOYSAUCE" をやる事になったので、急遽アフラをさそって出陣。
筆者→アフラ→イルリメ→JxJx というバース回し。
みんな、現場慣れしたさすがの安定感に、ナフリスペクト。

本日の司会者として、YSIGをお客さんに紹介する直前の "凡ちゃん" とパチり。
f0125837_162738100.jpg


そんなめまぐるしくもステキなイベント 『bouNIT vol.5』 と、イルさんライブ時におきた奇跡的なダイブの勝因が、イルさん本人の体重が思いのほか軽かったから!という事態に "BIG UP!" をおくりながら PEACE OUT。





このイベント時、思いのほか "雪之志太かわいいね!" と言われてた親指みたいな彼に、ナフリスペクト。
f0125837_1639017.jpg


by mu-stars | 2007-02-28 16:48 | 雑談
2007年 02月 20日
どーでもいいハナシ。
どーでもいいハナシですが、"例" の "純金名刺" が当たりました。
わりとうれしかったですが、応募するほうもするほうだなと思いました。
f0125837_23184447.gif

どーでもいいハナシですが、子供の頃、やたら懸賞に当たった事を思い出しました。






こういうものです。
f0125837_23213948.gif



そんな "雑談" というカテゴリーの名をほしいままにするような、どーでもいいハナシに "BIG UP!" を贈りながら PEACE OUT。





f0125837_23285133.gif

猫に小判!!!

by mu-stars | 2007-02-20 23:32 | 雑談
2007年 02月 16日
ふりダシのむこうがわ。
さて、前回に引き続き "Y.S.I.G.アニキ達" のシングルのカップリング用の "Mu-Stars Remix(なんの曲かはナイショ)" のお話。

この前、話し合いの末、まさかの "ふりダシに戻る事件" という展開があり、激動のスタジオ作業の後、イロイロ新しい表現もみえて、次のスタジオに踏まえてさらにトラックを練り上げていたのもつかの間、新しいながらもドープな方向の新トラックに対して、「今回のシングルのカップリングとしては、もとのコミカルで明るい方向性のほうがイイのではないか?」という新意見が登場。

イロイロ話し合いの末(ホントに長かった話は省略)、"ふりダシに戻る" の向こう側の "大元に戻る" という、作品のクオリティーのためなら仕方ないながらも、 "かかわっている人間全員泣き" のまさかマサカの展開に!

もどるといっても新しいトラックを練り上げていたため、もとのトラックにもどるのはゼロから創り直すテンション。

そこからの真の長丁場、わかる人にはわかるハズ。

陣中見舞い+データを届けにきてくれたモーリスさん&ハットリさん from YSIG。
ハットリさんの昔飼っていた "カメ" の話はキラー。
f0125837_4425769.jpg


作業中、見ると勇気づけられる2枚の並び。
f0125837_44512100.jpg


その2枚をお互いMIXした筆者と佐藤さん。
f0125837_4462076.jpg


オッ、名器 "SONY zs-F1"。 ポイントはステッカー。
f0125837_4524096.jpg


そんなこんなでイロイロな物や人に力をもらい、二転三転しつつ、遂についに完成!!
みんな、グッタリ感は否めません。
左から、最近特に気分を大事にするという "角張社長"、筆者、あいかわらず移動時の荷物の量が尋常じゃない "JxJx氏"、若き天才SOUND CREATOR "佐藤さん"。
f0125837_4495344.jpg



そしてマスタリングも無事終了。
なんの曲かはいまだナイショですが、REMIXタイトルは

"mU-sTARS dOUBLE-tHREE-sEVEN mIX"

に決定!
写真は、筆者の考えためんどくさい大文字小文字バランスで、打ち込むのに無理な体勢で苦戦する "ユニバーサル YSIG担当 ヨネヤマさん"。
f0125837_5111459.jpg


ホントにほんと、イロイロありましたがすべて終了〜。
かかわってくれたすべての皆さん、おつかれさまでした。

終わってホッとしながらも、最近業界の波にもまれて "角" をなくしたと嘆く通称 "マルバリくん"。彼の "角" を取り戻す旅は "どろろ" ばりに続く。
f0125837_5232897.gif


そんな怒涛のREMIX作業でしたが、大変ながらも楽しかった作業と、かかわってくれたすべてのみんなと、社長が取り戻そうとしている "角" と、筆者が "妙にカタイけど異常にうまい" とすすめた "するめ" のせいで欠けたという思いのほか繊細な "JxJx氏の歯" と、思いのほかカタすぎた "するめ" に "BIG UP!" を贈りながら PEACE OUT。





「カドねぇ〜」
f0125837_5342925.gif


by mu-stars | 2007-02-16 05:41 | 雑談
2007年 02月 11日
ふりダシにもどる。
今日、 "Y.S.I.G.アニキ達" のシングルのカップリング用の "Mu-Stars Remix(なんの曲かはナイショ)" の総仕上げ + MIXという名目でスタジオ入りしました。

スタジオに入るやいなや、今回その魔法のMIXが頼みの綱というエンジニアの "佐藤さん" が制作した "天然水の味がするガム" というクオリティーの高いトラップに、最近一挙手一投足が話題、かどうかは未確認の "マサヤ" とともに引っかかる。
f0125837_7231698.gif


しばらくして(*01)、"Remixされる側" のリーダーにスーパーバイザー(死語)的役割として参加して頂きたい、という "Remixする側" の珍なリクエストを快く引き受けてくれた "JxJx氏" が登場。
*注01)一応の集合時間から4時間後。ちなみに "基本スタイル" とはみんなの弁。

メンツがそろったところで、それまでの時間(モチ"4時間"の意。)で佐藤さんにバランスやエディットをほどこしてもらったトラックをふまえつつ、"話し合い" という名のサイコロを振る。

「大好きで親しい先輩のバンドのREMIX。」ということで気合いが入りすぎ、リキみまくったのか、"音数すくないのがウリ" といっても過言ではない筆者のBEAT(普段、多くてもトラック数は15以下)が、今回ナント "35トラック!!"。
サービス精神が裏目にでたのか、重ねにかさね飽和状態の現状。

転がりにころがったサイコロは、マサカの "ふりだしにもどる" という鬼の目がでる。

そこからの長丁場、わかる人にはわかるハズ。

しかしながら、このあとそのまま合宿レコーディングに流れ込むという怒涛のスケジュールのJxJx氏と佐藤さん。ギリギリまで粘り、残りは次回という展開に。

そんななか、JxJx氏、筆者ともに今までになかった新境地の手応えを感じる。(ホントは二回目のJxJx氏の幻の一作目は HARD TO FIND )。

そんな期待を次回に持ち越しつつ、とりあえずお疲れ様。
右から、JxJx氏、筆者、佐藤さん。
いちばん左は、ちかごろ写真のみきれ方が神の域にある "あいずち担当"。
f0125837_7573544.jpg


そんな長丁場のレコーディングに付き合いながらも、最近レーベル側から免許取得命令のカウントダウンが始まり、今後のリアルな展開が予想されるマサヤに "BIG UP!" を贈りながらPEACE OUT。





起きたら聞くから!
f0125837_8142956.gif


by mu-stars | 2007-02-11 08:23 | 雑談
2007年 02月 05日
内用薬。
今日、ウチの "雪之志太" がちょいとカゼぎみ(おなかビービー)と言う事で、曲作りの最中、動物病院へ行ってきました。

とは言っても、動物病院デビューだったので少し緊張しましたが、ピリつき気味の受付のオバさんと、すごい優しい獣医さんというアンバランスなコンビながら、的確な処置を施され、耳そうじやツメの切り方などのレクチャーまでうけて帰ってきました。
f0125837_22463334.jpg


もはや、完全に家族デス。


そんな動物病院デビューでしたが、注射のときに、まったくといっていいほど暴れないぐらい緊張しまくっていた "雪之志太" と、おもいのほか高かった診察代に "BIG UP!" を贈りながら PEACE OUT。




f0125837_2254733.jpg

「へぇ〜、いくらぁ?」

*注射がおわって我が物顔の "雪之志太氏"。

by mu-stars | 2007-02-05 23:06 | 雑談
2007年 02月 03日
sarudogの課外授業。
sarudogの課外授業として「TPOの黒猫のタンゴ」というプロジェクトの音源の "MIX" を "松本靖雄さん" にお願いする。

ホント、ビックリするぐらい感動的に "GROOVY" に仕上がる。


天才SOUND CREATOR"松本靖雄氏"と筆者@ "ZeeQ Studio"。
f0125837_982692.jpg


"STUDER"を通した音でまた "ひん死"。
f0125837_9161340.jpg


そしてマスターをアナログテープにする幸せ。
f0125837_9112359.jpg


音への探求。
先はかなり長いデス。
今回は、かなり "幸せな例" だと思いました。

そんな深い音の探求ですが、とりあえず盛り上がっとけばイイゼ的な人は、筆者ことsarudogやHalfbyがレギュラーを勤める新宿OTOの第一土曜日、"FREAKY"へ集合。

まさかの今夜です。。

そんな奥深い "音への探求" と、今夜"マサヤ"が帰るであろう時間帯に "BIG UP!" を贈りながらPEACE OUT。




「マサヤ、早めに帰るの、ナシよ」
f0125837_943181.jpg


by mu-stars | 2007-02-03 09:33 | 雑談
2007年 01月 31日
定食屋にて
今日、カクバリズムの社長 "角張渉氏"、物販マスターにして韓流スターの "マサヤ"、好きな男性のタイプは「kj」というスタッフ新入生の "ドウケさん"と事務所の近くの "菱田屋" という定食屋に行きました。

途中、古き良き事柄や流行った曲を、お互い言い合っては "ふり〜" と笑い飛ばすコーナーが流行。しばし続く。

注文をして、一番最初にたのんだ筆者のメニューが、一番最後までなかなか出てこないという小事件勃発。大事にはいたらず。

 
f0125837_185483.jpg


帰る時、財布をだすより先にゼツいタイミングで、社長に「ごちそうさまデス!」と元気よく言い放ち、おごってもらうという技でお会計を切り抜ける。

なんだかんだで、みんなのぶんをおごってくれた社長と、食べ始める時に割り箸のささくれを異常に気にして、割った二本をやたらこすりまくるマサヤに "BIG UP!" を贈りながら PEACE OUT。




「またマサヤぁ?」
f0125837_125197.jpg


by mu-stars | 2007-01-31 01:32 | 雑談